MENU

Goh Uozumi

information

activities

アーティスト・トーク Goh UOZUMI

展示にまつわるトークイベントです.Goh Uozumiと,ゲストに斉藤賢爾さん(慶應義塾大学SFC研究所 上席所員),サンソン・シルヴァン(アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任)を招き,司会に畠中実(ICC)さんの構成でイベント行います.

Open Space 2016: Media Conscious

  • date: 2016.05/28 ~ 09/25
  • more - website

MADE IN FRICHE « MACHINES »

第37回日本分子生物学会年会
/ The 37th annual meeting of the molecular biology society of japan

監視システムを監視する自律分散型システムを発表します.metaPhorestメンバーとして参加します.

マテリアライジング展II
/ Materializing II - Between Information and Materiality

マテリアライジング展Ⅱ 情報と物質とそのあいだに,metaPhorestのメンバーとして参加します.

Artly / Pre Opening

人工物のハッキングフレームワークを試験的に公開しました.*追記:運営負担が大きかったので,一時停止中です.

文化庁メディア芸術祭 山梨展
/ Japan Media Art Festival in Yamanashi

  • date: 2013.1.13 ~ 2013.1.20
  • more information - website

F - void sample を出品します.
作品はこちら

OBSEVER N - solo-exhibition

  • date: 2012.8.25 ~ 2012.10.28
  • space: YCAM -yamaguchi / map
  • project site - link , exhibition site (en - link

新作 observer n の展示です.08年から続くプロジェクトの新展開で,YCAMでの大規模な個展になります.関連展示も行います.
展示サイトはこちら

Art Critique -no.2

  • date: 2012
  • more information - website

美術批評誌に7万字ほどの対談が掲載されています.またジェネラティヴなグラフィックの装丁デザインを提供しています.
-Title: 情報と物質のはざまに――未来へのリズム/アルゴリズム
-Contents: /情報と物質のリズム・アルゴリズム /アーキテクチュアと表現 /リズムによる物質性/開かれの設計  /プロセスとしての記憶 /創作における連続性・非連続性 /建築とアートの作家性 /カオスと定形の往復  /墓――未来の他者へのコミュニケーション /言語の創発としてのアート /時代に応える表現と想像力  /形が現れる過程,あるいは協働としての同期 /詩のSNS構想と未来造形システム /編集者やキュレーターの創造性とその評価

Load More

projects

profile

Goh Uozumi - Artist, Designer, Researcher




コンピュテーションやネットワークなどの理論を統合した造形活動を行う.世界をインターフェイスの振るまいとして捉える,という発想をもとに,アルゴリズミックなインスタレーションやライヴパフォーマンス作品を発表し,ネットワーク時代における創造性の再考やリアリティの拡張を試みている.コンピュータ・プログラムやデヴァイスの各自律的要素から,体験者までも非均質な主体と見なし,それらの関係性を作品とする.この姿勢から,既存の身体や時空間,表現における歴史的文脈などを,依存対象ではなく環境情報として取り込む,柔軟なシステムを構築する.
主な展覧会に,「OBSERVER N」(2012年/個展/YCAM)「F」(2010年/個展/ASK? P)などがある.

With algorithmic installations and live performances, Goh Uozumi has advocated the thought of using one’s behavior as an interface, and tries to reconsider creativity and achieve augmentation of reality in the networking age. For Uozumi, each autonomous element of computer programs, devices and even participants are inhomogeneous subjects, and he incorporates their relationships into his works. He thus captures existing body, space, time as well as historical contexts in expressions of art as environmental information, not as the object to rely on, and constructs flexible systems.
His main exhibitions include “OBSERVER N” that crosses all dimensions for observation (2012, Solo, YCAM: The Yamaguchi Center for Arts and Media), “F” that goes across void and perception (2010, Solo, ASK?P).

connect
instagram : instagram.com/goh_u/
twitter : twitter.com/ghuzmi
facebook : facebook.com/gohuozumi
email : info.gohuozumi [at] gmail.com
---
bioart platform : metaphorest.net
arts framework : artly.jp pause
arts center : re-marks.ycam.jp